ピル値段

ピルの副作用

 

ピルの副作用にはいろんなものがありますが、全体的に見ますと良い副作用がほとんどになります。

 

避妊できる

 

これは、ホルモン療法でピルを服用している人から見ますと、副作用になりますが、避妊を目的にしている人から見ますといい作用になります。

 

ピルを飲むと太る

 

これはいい加減な話で、ピルを服用しても太る事はありません。

 

血栓症になる

 

昔のピルはホルモンの量が多いことや、喫煙率も多かったためこの血栓症になる方もいたのですが、今は低用量ピルが主流で喫煙率もかなり低くなりましたので、血栓症になる人はほとんどいません。
※血栓症になる人はピルが原因と言うよりは、すでに血栓症になる素因を持っている人がなるようです。

 

吐き気がする

 

初めてピルを服用する人の一部に吐き気を感じる人もいますが、いまの薬はほとんどそのような副作用が出ないように工夫されていますので、吐き気がする事は滅多にありません。もし吐き気がしたとしても2〜3周期程ピルを飲み続けていますと、体も慣れてきて吐き気も無くなっていきます。

 

月経の周期が規則正しくなる

 

生理が不規則だった女性でも、ピルを服用することにより規則正しく整理が来るようになります。生理が規則正しく来ることはとえも女性にとってはメリットが多く、どこかに週末に旅行なんて時に生理が来るのは嫌ですが、ピルによりそのような事調整することも可能です。

 

出血量が少ない

 

ピルを服用している時の生理の出血量はとても少なくなります。ピルによって卵子が作られませんので子宮自体に着床する事が無く、当然子宮には卵子がいませんのでそれを排出するための生理の量は少なくなります。

 

この部分が非常に重要で、通常女性は毎月排卵されると子宮に卵子が着床して、そこに精子と受精する事が無くなると卵子の役目は終わって、子宮に着床した卵子を剥がして排出する作業をします。これら生理と言われています。

 

生理は、子宮内膜を無理やり剥がして外に血液とともに出す作業ですので、毎月子宮はかさぶたが出来ては剥がす作業の繰り返しをしています。
このような事が繰り返されるのは子宮にとって言い訳がありません。

 

ピルの作用

女性の体の仕組ですので、妊娠するためには必用ですが、妊娠する予定の無い人には何の役目もしないただ子宮を傷つけているいるだけの行為になります。
この繰り返しによって女性はある年齢から女性特有の病気をするようになります。

 

妊娠の予定がない女性は、生理も必要ありません。できるならピルで整理を抑えて健康な子宮の状態を保つ事が将来子供も持つ場合にも、女性特有の病気の予防にもなります。

 

良性乳房疾患、 子宮内膜症、子宮体がん、卵巣がんの発症頻度が低下する

 

ピルにより子宮が休む事ができますので、これらの疾患の率も低くなります。

 

ニキビや多毛症が改善する

 

ピルには、男性ホルモンを抑えて体内のホルモン状態を安定させる役目がありますので、ニキビや多毛症も改善して更年期障害や骨粗鬆症を予防できる効果も期待できます。

 

★まとめ

 

以上のようにピルには避妊以外の女性を守ってくれる副作用が多くあります。
ピルはほとんど悪い副作用がありませんので、積極的にピルを使用することが女性にとっては健康を保つ秘訣にも繋がります。

 

ピル値段

 

ピルは最近では日本でも見直されてきて、多くの女性がピルを使用するようになってきています。

 

ですが、そんな今でも他の先進国に比べますとピルを使用している女性の数はかなり少ない方になってしまっています。

 

日本では、ピル=避妊と言う考え方が根強くピルの本当の効果を知らない女性が多く存在します。

 

避妊はピルの効果の一つであってピルにはその他沢山の効果があります。そのような事はあまり教育される事が日本ではありませんので、間違ったピルの認識が今でも続いています。

 

ピルのその他の効果に関しては後述しますが、値段について少しお話しをしたいとおもいます。

 

ピルと言う薬は、継続して飲みませんと効果が出てこない薬になります。頓服の様にその時だけ使用すればいい薬ではありません。

 

ピル値段

又ピルを医者で処方してもらうときに病気以外で処方してもらうには、保険の効かない自由診療になります。

 

そこが女性にとって中々踏み込めない大きな原因になります。

 

ピルを女性の体の健康を保つために服用したい場合には、まず産婦人科でのピルを飲む事に対しての説明をしなければいけません。

 

産婦人科の先生がすぐにそれを理解してくれればいいのですが、場合によっては病気でもないのに何でピルが必要なのですか?などと質問されてしまいます。

 

このような質問に対して素人が、体に健康を保つためだと説明することはとても困難ですし、その時点で諦めてしまいます。

 

このような病院ではいまだにピルは健康な女性が服用する場合には避妊以外に考えていないためです。

 

ピルを処方してもらえる事になったとしても、自由診療ですので幾ら取られるかがまた不安です。

 

調査によりますと、この自由診療の幅はとても広くて、万単位なんて当たり前の世界ですので、かなりの出費を覚悟しなければいけません。

 

すでに、病院で病気を治すためにピルを処方されている女性でもその出費はかなり大きいものになります。

 

ですので、日本ではピルを使用することは保険が効こうが効くまいが高いのです。

 

ですが先進国ではピルは手頃な値段で誰でも使用できる状態になっています。

 

ピルに関して、当サイトでは上手にお安い値段で購入する方法を教えていますので、是非活用してみて下さい。

 

ピルを上手に使う方法などこれから詳しく書いて行きますので、しっかり読んで覚えて下さい!

 

ピルの個人輸入

 

日本では、一定量の薬を海外から個人で輸入していい事になっています。

 

この一定量は、だいたいその薬を3か月ぐらいで消費できる量だと考えて下さい。とんでもない大量の薬は個人で輸入はできませんのでその点は良く理解しておきましょう。

 

実際に薬の個人輸入をしたことがある方はほとんどいません。

 

ですが、今の世の中はとても便利な仕組みがありまして、それを代行してくれる業者が存在います。

 

あなたは、ネットショッピング感覚でピルを簡単に購入することができます。

 

又ピルには沢山のジェネリック医薬品も発売されていますので、更にお安い価格で購入することも可能になります。

 

このような便利なシステムですが、海外から偽物の薬を販売している悪い業者もいますので、ご注意してください。

 

偽物を販売している業者はクレジット会社の審査が通りませんので、まずクレジットカードが使用できません。

 

そのあたりも参考にしながら、安全な業者から購入することを守って下さい。

 

ピル値段

ピルはとても便利なお薬ですが、病気で使用する場合を除いて保険が効きませんので高額な請求をされてしまいます。

 

ですが、将来の自分が健康で老いて行くことができるのでしたらその費用は決して高いものではありません。

 

その時たけのピルの値段に左右されずに、将来の自分のために健康は宝物である事を良く理解して使用するようにしましょう。

 

その意味では個人輸入を上手に使用するのも一つの手だと言えます。

 

あくまでもご自分の自己責任である事は忘れずに、良く理解した上で検討してみて下さい。